ミクロネシア国外のマリアナカラスだけが死亡

クリントと名付けられた25歳の高齢のマリアカラスの雄は、昨年1月14日にスミソニアン保護生物学研究所で人道的に安楽死させられました。クリントは、この鳥が現在野生で見つかっている唯一の場所、CNMIのロタの外に住んでいる唯一のマリアナカラスでした。

マリアナカラスの平均寿命は不明ですが、約14年であると思われています。

視覚的な剖検試験の後、クリントの遺体はスミソニアン国立自然史博物館に送られ、専門家によって保存されます。

クリントは、種を絶滅から救うための回復努力の一環として、1995年にSCBIに移りました。1997年、西ナイル・ウイルスの脅威により、米国本土に生息するすべてのマリアナカラスがグアムに移動しました。カラスやワタリガラスを含む鳥であるカラスは、西ナイルウイルスに非常に敏感です。厳しいバイオセキュリティの予防措置と要件のため、クリントはマリアナに戻ることはできませんでしたが、ウイルスに対するワクチン接種を受けていました。

クリントの仲間であるラッセルが2010年に亡くなった後、クリントは彼の番人や他のスタッフとのさらなる交流を求め始めました。その結果、彼は人間に刷り込みました。クリントは、屋外の囲いに立ち寄ったスタッフ、インターン、ボランティア、学生から毎日何度も訪問しました。彼はその遊び心をSCBIでよく知られており、棒、葉、またはお気に入りの強化玩具をエンクロージャのメッシュに持ち込んで、訪問者に見せました。

マリアナカラスは、グアムとロタ固有の絶滅危惧種であり、ミクロネシアのカラス科の唯一のメンバーです。1950年代に誤ってグアムに持ち込まれた侵入型の茶色のヘビは、マリアナのカラスや他の多くの鳥、コウモリ、爬虫類を絶滅に追い込みました。残りの150匹のマリアナカラスは現在、ロタにのみ生息しています。ロタには茶色のヘビはいません。水生および野生生物資源のグアム部門は、SCBIを含む世界中のパートナーと協力して、マリアナカラスを再配置しています。2018年、サンディエゴ動物園グローバルは、5匹のマリアナカラスをロタで野生に戻しました。

CNMIには、太平洋のマリアナ諸島の最北端の14の島が含まれます。チェーンの最南端の島であるグアムは、独立した米国の領土です。

スミソニアン保護生物学研究所は、グアムおよび北マリアナ諸島原産の鳥の種管理、繁殖、研究および再導入を専門としています。

SCBIは、野生生物を絶滅から救い、次世代の保護活動家を訓練するスミソニアンの世界的な取り組みにおいて、主導的な役割を果たしています。SCBIは、バージニア州フロントロイヤルの本社、ワシントンD.C.のスミソニアン国立動物園、および世界中のフィールドリサーチステーションとトレーニングサイトで研究プログラムの先頭に立っています。SCBIの科学者は、動物の行動と繁殖、生態学、遺伝学、移住、および保全の持続可能性について学んだことを適用して共有することにより、今日の最も複雑な保全の課題に取り組みます。(https://nationalzoo.si.edu)

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です