パニック買いをしないでください

ラルフDLGトレス知事は月曜日、商品の出荷は引き続き行われているため、人々がパニック買いに頼る必要はないと話しました。

知事は、マーク・ラバウリマン商務局長と会い、米国沿岸警備隊に連絡し、CNMIのすべての貨物が時間通りに到着することを保証したと述べました。

知事はまた、企業、特に店舗運営者に対し、従業員と顧客の健康と安全を確保するための予防措置を実施するよう促しています。

日曜日の夕方、グアムがCovid-19の3件の症例を確認したと発表した後、サイパンの多くの住民は生活必需品を買うためにストアに殺到しました。

レジ係の女性は、彼女の働く店舗が日曜日の午後10時まで買い物客でいっぱいだったと話しています。

「彼らは多量の米、ブタンガス、食用油などを買った」と彼女は言いました。「しかし、倉庫にはたくさんの備品があるので、彼らが棚を空にすることはありませんでした」

火曜日の朝の時点で、棚にはまだ物資がいっぱいでした。

島で最大の卸売業者の従業員のひとりは、人々がパニック購入する理由はないと言います。

この従業員の1人によると、貨物は到着しており、今後も入荷し続けます。

彼は、彼らの1か月分の米の供給は、パニック買いのために1週間で売り切ったが、貨物が入っているので、店は米や他の基本的な商品を使い果たすことはないだろうと指摘しています。

ただし、他の管轄区域と同様に、この島では消毒用アルコール、手指消毒剤、消毒剤、フェイスマスクが不足していると彼は付け加えました。

http://www.mvariety.com/cnmi-local/73-local/2523-don-t-panic-buy

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です