アメリカでは、夢が不可能ではない

訪問中の連邦裁判所裁判官が新たに帰化させられた17人の合衆国市民に、「あなたが望むように、自由に、そして公然と考えて信じるよう」に伝えました。


「この裁判所と我々の国の裁判所はここに、あなたが願うようにアメリカ人として自由に、そして公然と考えて信じるあなたの権利を維持し、守っていることを記憶しておくことも重要です」と、アイオワの北地区のマーク・W・ベネット裁判官は金曜日の帰化式典で、新たにアメリカの市民の宣誓をさせました。


グアムとCNMIの合衆国市民権とイミグレーション・サービス・フィールド・オフィスの部長、ウォルター・L・ Haith氏は、スイス、フィリピン、中国、台湾と韓国からの新しい市民請願への認可を要求しました。


21名の候補者の17名が家族と共に出廷しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です